こんにちは。透です。



 両親の還暦旅行のお付きをして、三重県は伊勢神宮に行ってきました。2泊3日。宿泊は母の勤務先の保養施設として契約してあるとあるリゾートマンション。

 初日は志摩の賢島遊覧船にのりまして。というかそれくらいしか時間がなく。


 乗船までの時間に周りをうろついたんですけど、真珠屋さんがしゅごいの。


 110年の歴史を誇る真珠屋さん……中も素敵だった。

 二日目は朝の七時頃にマンションを出て、まずは外宮へ。

 御朱印を頂いたりなんのかんのして。
 御垣内参拝をするべく、父はスーツ、私と母はジャケット羽織って伺っておりましたので、神楽殿のところで「御垣内参拝したい」と父がお伝え。
 ところで、御垣内参拝の料金、などではなく、式年遷宮の奉賛金として納めると、神宮からのお礼として御垣内参拝させてもらえるものです。奉賛金としては額は任意なのですが(でも1000円単位)、2,000円以上で御垣内参拝させてもらえるらしいです。ググった感じだと1万円超えるとまたちょっと違うらしい……。
 ともあれ、記名された参拝証のような紙を渡されまして、正殿左脇の詰め所におられる白い衣の宮司さんにお渡しすると、御垣内参拝させてもらえます。
 ところで一回の奉賛金で内宮でも御垣内参拝させていただける模様。


 続いて内宮へ。
 内宮で厄払いのお祓いをいただき、同じく御垣内参拝へ。
 平日の金曜日だからか、我が家だけでお祓いいただけてラッキーというかなんというか。
 正午からお祭りがあるので御垣内参拝に間に合うか心配されましたが大丈夫そうですねとのことで先にお祓いを。翌日が神嘗祭だった模様。
 御垣内参拝をして、他のお宮も参らせていただいて内宮を出ました。

 ところで外宮は左側通行で、内宮は右側通行なんですね。
 何ででしょうや。
 あと、外宮のお宮の屋根のVは断ち切りが縦だったんですけど、内宮は断ち切りが横だった。ここにも違いがあるのだね。

 で、内宮を出たら、おはらい町通りからおかげ横丁へ。


 できたての赤福を食べろと知人に言われていたので、茶屋になっていたところで赤福(二個とお茶で210円)を頂きまして。
 お土産を買ったりなんのかんの。
 お昼は伊勢うどんを頂きまして、内宮を後に。

 内宮のそばにある道ひらきの猿田彦神社へ詣でて、合わせて芸事の神様である佐瑠女神社へ。こちら、猿田彦と結婚した天宇受賣命をお祭りしているんですね。勿論参拝した。
 これでまだ昼過ぎなもんですから、まだちょっと回ろうかとなりまして。

 夫婦岩で有名な二見興玉神社を詣でまして。


 それからMIKIMOTO真珠島へ。この時点で14時です。

 写真は真珠島を見て回って出た後の、全くMIKIMOTOと関係ないところで買った、500円しないさざれ真珠のブレスレットです。楽ちん。

 そこから一端マンションへ戻り、夜は!
 念願の! 松坂牛のお店へ参りました!
 松坂牛の長太屋さん。(なお、サイトは音が鳴る)
 満腹御膳とか頼んだんですが、死ぬかと思った。(量で)
 次はないかもしれないが、次はアラカルト頼もうと思いました……美味しかった……柔らかく……柔らかい……。臭味もなく、歯ごたえもしっかりとして。
 あまり牛肉を好まぬ母も美味しいと言って食べていたので、美味しいのだと思います!
 写真? 撮り忘れたょ……

 これで二日目は終了。

 三日目。帰る日なのだが、赤福は当日含め3日の猶予しかないので、もう一度おはらい町通りへ。


 赤福本店でできたての赤福をいただく。どうやら二日目のは茶屋においてあるやつだったらしい。
 美味しい。二日目のよりお餅が滑らかな気がする。気がするだけだけれど。

 で、赤福他お土産を買って帰路へ。
 充実の二泊三日でした。

 ところで、車で片道六時間ほどなので、お尻が痛いです。

JUGEMテーマ:神社仏閣



コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL